脳血管の奇形を新治療で|早期発見が大腸がん治療の大きなカギになります
カウンセリング

早期発見が大腸がん治療の大きなカギになります

脳血管の奇形を新治療で

看護師

高い危険性に早めの対処を

脳動静脈奇形は脳の血管に置ける奇形の一種で、動脈と静脈が接合して塊のようになっていまいます。動脈からの強い血流がそのまま静脈に流れ込むために、静脈血管に強い圧力が生じ、破れるなどの危険性があります。脳卒中の原因でもありますし、ケースは少ないとは言え脳梗塞に至る可能性もあります。生まれつきの奇形ですから、若年層でもこれらの致命的な結果になる可能性はあり、若者の突然死の原因であるという側面を持ちます。自覚症状としては頭痛や吐き気などが現れる事がありますので、気になる場合は早めの検査を検討しましょう。脳動静脈奇形はMRIやCT、血管造影による撮影が用いられます。治療は手術がメインですが、ガンマナイフやサイバーナイフによる治療など、選択肢は増えてきました。

先進医療を保険適用で

脳動静脈奇形には放射線治療が用いることが可能で、ガンマナイフや、より先進的なサイバーナイフを検討することが可能です。どちらも高精度な技術で癌細胞を攻撃できるという特徴を持っているのですが、これを脳動静脈奇形の治療にも応用できるように成っています。勿論、開頭手術に比べて手軽ですし、先進的な医療にはなりますが、保険も適用が考えられるので費用面でも安心です。ガンマナイフ、サイバーナイフはそれぞれに特徴があり、似たような仕組みとは言え、全く違ったものになっています。照射精度や入院の必要の有無、頭部をフレームに固定するかどうか等、違いがありますので、この治療を選ぶ際には、しっかり医師と相談しておきたいものです。