胸腺にできる腫瘍|早期発見が大腸がん治療の大きなカギになります
カウンセリング

早期発見が大腸がん治療の大きなカギになります

胸腺にできる腫瘍

女性

見つけにくい胸腺の異常

胸腺というのは、胸の中央部にある免疫に関係した器官です。ですが、その働きは成長期を過ぎると機能が失われていき、成人になると機能を停止します。この器官に発症する悪性腫瘍が胸腺腫瘍と呼ばれています。また胸腺ががん化した胸腺がんも以前は胸腺腫瘍の一種と考えられていましたが、今は明確に区別されているようです。この胸腺腫瘍は、ほとんどが成人後に発病するため機能を失った胸腺から症状が出ることがほとんど無く、そのため胸腺腫瘍の発病に気がつくことも稀です。たいていの場合胸部レントゲンなどで見つかることほとんどのようです。ただし、進行が進むことで、筋力無筋症や関節リュウマチなどの免疫系の合併症がよく見られます。

どのように治療するのか

胸腺腫瘍の治療方法は、外科手術をメインに放射線や抗がん剤、ホルモン療法が補助的に行われるのは一般的です。手術し易い場所であるため、軽度であれば日常生活への復帰も比較的短期間で済むこともあります。ただし、腫瘍細胞を完全に取り除くことは難しいため、手術後も継続的な補助治療が必要になります。なお、「NK(ナチュラルキラー)細胞療法」という免疫療法の一種が有効との報告があるようです。がん細胞を攻撃する本人の免疫細胞を体外で増殖させ、その強化した免疫細胞を再び身体に戻すことでがんを叩く治療法です。免疫細胞のうちでもNK細胞を主に使うことからNK細胞療法と呼ばれています。抗がん剤などとことなり苦しい副作用もなく負担も少ないことから、体力の回復を図りながら治療を行えるメリットがあります。